【特別ゲスト寄稿】カルブラ店長の日記「おいらはカルブラ」(5)
f0015474_7511839.jpg
カルブリストの一人、浅間白桃の作り手、高野美夫さん主催の収穫祭(野外ライブ)に行ってきました。
会場は、山梨市の萩原フルーツ農園。それはもう風光明媚でのどかな場所にあって、晴れわたっていれば富士山を望むことができます(今回は残念ながら見えず・・・)。
春になれば、一面桃の花で染まった甲府盆地が眼下に広がります。

こんな、桃源郷の代名詞みたいなところで、高野さんの未来夢(みらいむ)バンド、浦和のおじいちゃんカントリー・バンド(結構本格的!)計2バンドが、味のある演奏を聴かせてくれます。

今回のライブでひときわ異彩を放っていたのが、未来夢バンドのマスコット的存在、日向さん。
半端じゃなく多趣味なお方で、若いころは猟犬16頭を飼って狩りをしてたりだとか、最近では年間280日をゴルフに費やしてたりだとか、でかい魚のシッポがはみ出ないように盛り付けられる皿が欲しいってだけの理由で、陶芸始めちゃうような方。
この方が、インドアの趣味が読書しかないってことで60歳過ぎてから始めたのが、ギターってわけです。

高野さんがギターを始めたのも日向さんと同じ時期で、二人ともギター歴は浅いですが、やはりステージ上での風格はさすがです。初心者でステージに立って、あのまったり感を出すのは、とても若者には真似できない・・・
とりあえず日向さんの堂々たるジャパニーズイングリッシュが激シブです。

未来夢バンドの演奏が始まってちょっとすると周囲から、「ん?日向さんのコードの押さえ方変だぞ??」との声が・・・

・・・アッーーーー!!Gを1弦しか押さえてない・・・(笑)

ギターやってる人なら気づくんですが、日向さん、ホントは弦3本押さえなきゃなんないところを、1本しか押さえていません。なんという省エネ奏法・・・完全に5弦と6弦を捨てにかかってます。Gなら3フレ、G7なら1フレ押さえりゃ良いだけです。指一本でギターが弾けます。下手すりゃ他のコードも5・6弦弾いてないんじゃないか?

これは本当に革命的。ギターで曲を弾くには、CとかDとか言う「コード」ってやつを、最低3つは覚えなければなりません(極論)。真っ当にギターを始める人は、まずCから入ります。Cは難易度的には相当難しいです。ここで、約60%の人が挫折します。Cをクリアした残り40%の人は、次にFを覚えなければならないのですが、Fは全てのギターコードの中でも最上級に難しいコードで、Cをクリアした人のうちの90%はFで挫折します。なぜそんなに難しいコードを最初に覚えなければならないかは謎ですが、そういうもんなのです。このC−Fの壁のせいで、多くの人はまったくコードを覚えないか、たった一つのコードしか覚えないまま、その、ギター人生を閉じるのです。

しかし、日向さんの省エネ奏法なら、まずはDから入ることになります。これはむちゃくちゃ簡単。85%の人ができます。次に問題のGです。本来Gは、Cより難しいコードです。本来ならばクリア率30%です。しかしここからが省エネ奏法のすごいところ!省エネ奏法を使えば指一本でGを弾くことができるので、100%の人がクリアできます。ここまでくれば、もう簡単。残りのAは90%の人がクリアできるので、これでたいていの人はギターが弾けるようになります。

Fで悩んでる人は、コード譜のC−F−Gを、D−G−Aに書き換えて、省エネ奏法を実践してみると、弾けた様な気になるかもしれないですね。

まあそれにしても、高野さんは50代、日向さんは60代でギター始めてライブやるまでになってるんだからすごいもんです。だから大学から始めたって全然遅くないんだって。クラプトンだって大学からだし。
by 4to12 | 2006-11-03 20:50 | カルブラ店長の日記
<< ■定点観測 ■紅葉 >>



Copyright(c)2005,McCoy'S
by 4to12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
序章:カテゴリーの説明
____________________
デジカメ写真ダイアリー
ビジネスマンのゴルフ学
本とか雑誌の話題
カルチュラル・ブランド
____________________
24節季72候を肌で感じる時
・家の庭での新発見の数々
・野菜づくりにチャレンジ
・ノスタルジックな朝の散歩
____________________
ドイツ散歩ノスタルジー
旅先で散歩ノスタルジー
____________________
「ボクは圭祐」ネコだ。
「ボクは元気」ビーグルだ。
「豪太と駿平」ブラザース
シンガーソングライター
山梨県の話し
僕のヒーロー達の伝説
コミックスが教えてくれた
真画の世界
____________________
【特別ゲスト寄稿】
キョンジャのソウル留学日記
カルブラ店長の日記
親父のマイミクは俺だけ!
リンク


【注意事項】
当ブログの文章、写真、その他すべての著作物について、無断で転載することを禁じます。
以前の記事
2015年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 04月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 05月
2002年 04月
2002年 03月
2002年 02月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 06月
2001年 05月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
お気に入りブログ
今夜もeat it
sudigital af...
happy *riko*...
Bird's Shies...
一日一膳
エンゾの写真館 with...
丁子色
銀[family]塩
イスラムアート紀行
野草風薫
バーチャル[こうち自然村]
山梨のコース攻略の記録
天野主税写遊館
Nに捧ぐ追憶のドイツ
家電書
やまなし県で逢いませう
ぬるぅい畑生活
KazのNY庭生活 2
travelster
日々新たに
White Board -♭
農と自然のさんぽみち
Fleur de Farine
雪がらみ
ドイツより つれづれ日記...
coupe-feti
ekkoの --- fo...
その他のジャンル
画像一覧