カテゴリ:コミックスが教えてくれた( 10 )
■「ヒカルの囲碁入門」 石倉昇九段
f0015474_14492812.jpg

by 4to12 | 2009-02-10 14:46 | コミックスが教えてくれた
■「神の雫作者のノムリエ日記」 亜樹直
f0015474_1663561.jpg

by 4to12 | 2009-01-23 16:03 | コミックスが教えてくれた
■「舞姫テレプシコーラ」 山岸凉子
f0015474_1981439.jpg

by 4to12 | 2008-07-26 19:06 | コミックスが教えてくれた
■「気まぐれコンセプト/クロニクル」 ホイチョイ・プロダクションズ
f0015474_1532523.jpg

by 4to12 | 2007-03-01 15:29 | コミックスが教えてくれた
■「チェーザレ 破壊の創造者」 惣領冬実
f0015474_1834756.jpg

by 4to12 | 2006-10-23 18:32 | コミックスが教えてくれた
■「軽井沢シンドローム」たがみよしひさ
f0015474_1852442.jpg
 1981年4月に軽井沢で結婚式を挙げた。式も一通り済み教会を出るとライスシャワーと一緒に4月だというのに微かに雪が舞った。
 おそらくそのあたりからビッグコミックスピリッツは読んでいたんだと思う。たがみよしひさの「軽井沢シンドローム」がその頃どんな展開だったのかは覚えてないが、コミックス第1巻は1982年6月に発行されている。
 相沢耕平は当時23歳で、自分より二つ三つ年下で‥‥
 そんな昔の話しはどうでもよくて、それから20年後の2002年発行の続編「軽井沢シンドロームスプラウト」では、現実の時間軸とシンクロして歳をとった登場人物に再会できる。
 自分は、洋画とか観ていて似たような登場人物の区別がつかないことがよくある。映画に限らず現実でも、一度二度くらいお目にかかっただけでは再会したときに、
「はて?どちら様でしたっけ。」
ということがよくある。
 CDを聴いても曲名はまったく覚えられないし、ゴルフをしても
「14番のダボが痛かったよね。」
といわれても、
「14番ってどんなホールだっけ。」
という具合に、よっぽどリピーターしないと、顔と名前、実体と符号が一致しない。
 これは、ビジネスマンやってたら致命的な欠陥だ。だからバックスイングでスウェイする欠点を直すことより、この欠陥を直すことの方が優先順位は遙かに高い。
 「軽井沢シンドローム」を読み返しながら「軽井沢シンドロームスプラウト」を読んでいくと、「顔と名前が一致しないシンドローム」の最高のリハビリになる。そこには、自分と同じペースで歳を重ねた、まるで友達のような奴らがいて、20年ぶりに家族ぐるみで偶然再会して、話しをするうちに、
「ああ!お前の結婚式で俺ギター弾きながら、close your eye and I kiss you remember I miss you‥‥って歌った‥ような‥気がする‥けど‥‥あの歌タイトルなんつったっけ‥‥‥その前にお前、名前なんつったっけ‥‥」
 みたいな話しの連続で‥‥

 相沢耕平と薫の息子薫平は、第1巻2002年の時点で大学受験を目前に控えた軽井沢西高3年生だ。自分の長男、耕平よりたぶん一個年下か。
by 4to12 | 2006-03-17 07:04 | コミックスが教えてくれた
■「がんばれ元気」 小山ゆう
f0015474_1723287.jpg
長年生きていると、節目節目で記憶に残るコミックがある。
「がんばれ元気」が少年サンデーで連載されていた頃は、コピーライターを目指していた大学生だった。
「あしたのジョー」が少年マガジンで連載されていた頃は、ビートルズになりたかった中学生だった。
面白いもので、どういうわけか好みの漫画は、その時期により特定の週刊漫画誌に偏っている。
だから昭和51年あたりからは、少年サンデー一辺倒だった。
もちろん「がんばれ元気」が一番のお目当てだった。

相前後したのか、ダブった時期があったのか定かでないが、あだち充の「タッチ」が続く。「赤いペガサス」から「六三四の剣」と続く村上もとかも結構面白かった。
丁度そんな時期に、二ヶ月ほど日本を離れ、ドイツに旅に出た。
ゲーテの「ヴィルヘルムマイスター」だとか、トーマスマンの「魔の山」などを勉強していた頃だ。
当然ドイツで少年サンデーを売ってるはずもなく、ほぼ10週の間、「元気」の成長を見逃すこととなる。
実はその頃、火山との試合だったか、海道との闘いだったのか忘れたが、ストーリーは佳境を迎え、遠い異国の空の下で、その展開が無性に気になっていた様な記憶がある。
これが本当のホームシックか。(元気が欲しい!?)
それでも元気に、リューベックからハンブルグ、
そしてオーストリアへと、「元気」の替わりに、ハンス・カストルプ(魔の山の主人公)の成長の後を辿っていたわけだ。

ドイツ文学には、「教養小説」というジャンルがある。
その主人公が、幼年期から様々な人に巡り会い、様々な経験を経て、思想的に大人に成長していく過程を綴ったものだ。
比較するのも可笑しいが、まさに「がんばれ元気」の世界だ。
この作品に出会ってから、どうも「教養小説」的な筋書きのものが愛蔵書になっている。
自分のコミック歴の原点とも言える作品のはずなのだが、単行本(コミックス)の類を持っていなかった。
それが昨年、コンビニに並んだ小学館の「My First WIDE」シリーズ「がんばれ元気」全10巻のおかげで、元気が帰ってきた。

二十五年ぶりに、元気が帰ってきた!

ほっ! ほっ! ほっ! ほっ! 読みながら、何度も、何度も、涙が出た。

ほっ! ほっ! ほっ! ほっ! 『元気が帰ってきた!』


by 4to12 | 2005-12-04 06:30 | コミックスが教えてくれた
■「ピアノの森」 一色まこと
f0015474_15542231.jpg

by 4to12 | 2005-04-15 15:53 | コミックスが教えてくれた
■「神の雫」 亜樹直/オキモト・シュウ
f0015474_17244588.jpg

by 4to12 | 2005-03-23 17:22 | コミックスが教えてくれた
■「火の鳥4(鳳凰編)」 手塚治虫
f0015474_1724156.jpg

by 4to12 | 2004-04-05 17:21 | コミックスが教えてくれた



Copyright(c)2005,McCoy'S
by 4to12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
序章:カテゴリーの説明
____________________
デジカメ写真ダイアリー
ビジネスマンのゴルフ学
本とか雑誌の話題
カルチュラル・ブランド
____________________
24節季72候を肌で感じる時
・家の庭での新発見の数々
・野菜づくりにチャレンジ
・ノスタルジックな朝の散歩
____________________
ドイツ散歩ノスタルジー
旅先で散歩ノスタルジー
____________________
「ボクは圭祐」ネコだ。
「ボクは元気」ビーグルだ。
「豪太と駿平」ブラザース
シンガーソングライター
山梨県の話し
僕のヒーロー達の伝説
コミックスが教えてくれた
真画の世界
____________________
【特別ゲスト寄稿】
キョンジャのソウル留学日記
カルブラ店長の日記
親父のマイミクは俺だけ!
リンク


【注意事項】
当ブログの文章、写真、その他すべての著作物について、無断で転載することを禁じます。
以前の記事
2015年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 04月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 05月
2002年 04月
2002年 03月
2002年 02月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 06月
2001年 05月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
お気に入りブログ
今夜もeat it
sudigital af...
happy *riko*...
Bird's Shies...
一日一膳
エンゾの写真館 with...
丁子色
銀[family]塩
イスラムアート紀行
野草風薫
バーチャル[こうち自然村]
山梨のコース攻略の記録
天野主税写遊館
Nに捧ぐ追憶のドイツ
家電書
やまなし県で逢いませう
ぬるぅい畑生活
KazのNY庭生活 2
travelster
日々新たに
White Board -♭
農と自然のさんぽみち
Fleur de Farine
雪がらみ
ドイツより つれづれ日記...
coupe-feti
ekkoの --- fo...
その他のジャンル
画像一覧