カテゴリ:山梨県の話し( 52 )
■昇仙峡
f0015474_16423864.jpg

by 4to12 | 2006-03-31 11:33 | 山梨県の話し
■金楼神社の杉、樹齢7百年
f0015474_1623556.jpg

by 4to12 | 2006-03-31 11:22 | 山梨県の話し
■富士山
f0015474_21563114.jpg

by 4to12 | 2006-03-14 08:35 | 山梨県の話し
■猿橋
f0015474_16312374.jpg
 山梨には笹子峠を境に大きく二つの地域が存在する。地元の人は、「国中」(くになか)と「郡内」(ぐんない)という呼び方をする。東京に近い方が郡内だ。「猿橋」は、その郡内にある。
 中央線の猿橋駅で降り、国道20号線を東へ1キロほど歩き、新新猿橋(猿橋、新猿橋、新新猿橋と三つの橋がある)の手前の交差点を左へ入るとすぐにわかる。車で東京方面から来る場合は、中央高速に乗り、右に見える競馬場、左のビール工場をもちろん通り過ぎ山に向かって八王子インターから15分程の上野原インターで下りるといい。
 バイクで来る人は、下の道(国道20号線)を大垂水峠を越えてくるといいかもしれない。自分はバイクには乗らないのでよくわからないが、峠のワインディングは気持ちよさそうだ。
 上野原インターで下りて国道20号線を下ってくると、道路は常に渓谷の右側に位置し、ちょうど猿橋のところでクロスし、道路は川の左側に渡る。このクロス地点の渓谷に架かる橋が、日本三奇橋「甲斐の猿橋」だ。
 渓谷は結構深い。川は「桂川」だ。石割山、三ッ峠、大菩薩、等々からの郡内の支流を束ね、この川は神奈川県へ入ると相模川となり相模湾に流れ込む。
 橋の姿は今でこそわざわざ立ち寄らないと見ることはできないが、昔、中央線の鉄橋が橋と平行に架かっていた時は、列車の窓から深い渓谷と「猿橋」を臨むことができた。子どもの頃見た車窓からの一種荘厳な橋の姿は、今でも目に焼き付いている。
by 4to12 | 2006-02-23 06:30 | 山梨県の話し
■塩山フルーツラインから南アルプスを臨む
f0015474_16372786.jpg

f0015474_16391928.jpg

by 4to12 | 2006-02-13 08:35 | 山梨県の話し
■12月11日(日)昨日「ヴァンフォーレ甲府」夢のJ1昇格決定!
f0015474_1061270.jpg

ほんの数年前は、
J1どころか存亡の危機に瀕していたチームが、
昨日、夢のJ1昇格を決めた。

我が家では地元の地方紙しかとっていないが、
こういう事件(?)があると
地方紙は、俄然そのポテンシャルを見せつけてくれる。
紙面のほぼ25%(6頁分)を費やして、
この奇跡を報じている。

ヴァンフォーレの攻撃的な姿勢は、
昨日の試合を見る限り
日本代表チームのお手本となる程のものに思える。
大企業をバックに持たず
必要最小限の金で運営していく経営姿勢も、
このまま他のJリーグ29チームの手本であり続けて欲しい。

J1とやらが大企業のバック無しでは居続けることができない場所なら、
無理してしがみつく必要なんかない。
「甲府クラブ」時代から脈々と続くクラブチームの魂を、
いつまでも絶やさずに頑張って欲しい。

by 4to12 | 2005-12-11 07:05 | 山梨県の話し
■「甲斐武田一族」 柴辻俊六
f0015474_13293930.jpg

by 4to12 | 2005-10-20 13:28 | 山梨県の話し
■「山梨県の歴史」 飯田文弥/秋山敬/笹本正治/齋藤康彦
f0015474_10353751.jpg

by 4to12 | 2004-10-20 10:33 | 山梨県の話し
■「中央線 花ハイキング」 鈴木憲仁
f0015474_17282840.jpg

by 4to12 | 2004-04-10 17:27 | 山梨県の話し
■「山伏の里・岩殿山」 北條明直
f0015474_114423.jpg

1994年2月5日
by 4to12 | 2001-02-04 02:05 | 山梨県の話し


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
序章:カテゴリーの説明
____________________
筑波山を詠む
デジカメ写真ダイアリー
ビジネスマンのゴルフ学
本とか雑誌の話題
カルチュラル・ブランド
____________________
24節季72候を肌で感じる時
・家の庭での新発見の数々
・野菜づくりにチャレンジ
・ノスタルジックな朝の散歩
____________________
ドイツ散歩ノスタルジー
旅先で散歩ノスタルジー
____________________
「ボクは圭祐」ネコだ。
「ボクは元気」ビーグルだ。
「豪太と駿平」ブラザース
シンガーソングライター
山梨県の話し
僕のヒーロー達の伝説
コミックスが教えてくれた
真画の世界
____________________
【特別ゲスト寄稿】
キョンジャのソウル留学日記
カルブラ店長の日記
親父のマイミクは俺だけ!
リンク


【注意事項】
当ブログの文章、写真、その他すべての著作物について、無断で転載することを禁じます。
以前の記事
2018年 05月
2015年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 04月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 05月
2002年 04月
2002年 03月
2002年 02月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 06月
2001年 05月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
お気に入りブログ
今夜もeat it
sudigital af...
happy *riko*...
Bird's Shies...
一日一膳
エンゾの写真館 with...
Grano Di Ciaco
銀[family]塩
イスラムアート紀行
野草風薫
バーチャル[こうち自然村]
山梨のコース攻略の記録
天野主税写遊館
Nに捧ぐ追憶のドイツ
家電書
やまなし県で逢いませう
ぬるぅい畑生活
KazのNY庭生活 2
travelster
日々新たに
White Board -♭
農と自然のさんぽみち・や...
Fleur de Farine
雪がらみ
ドイツより つれづれ日記...
coupe-feti
ekkoの --- fo...
その他のジャンル
画像一覧